Facebookにできるだけ高画質で動画をアップする方法(Mac・iPhoneで簡単に出来ます)

SONYのアクションカムで1080pで60pの高精細でヌルヌル動く動画を撮ったりして、意気揚々とFacebookにアップすると、Facebook上では動画が異常なほど劣化していて残念な気持ちになります。

iPhoneで撮った1080p動画も同様ですね。

 

どうにかならないものかとFacebookのヘルプを見てみるとこんな記述が!

動画の品質を最適化する方法を教えてください。

一般に、MOVまたはMP4フォーマットでAACオーディオのH.264動画が最適なフォーマットだといえます。H.264は現時点で最善の動画圧縮方式であり、Facebookではファイルサイズに制限があるため、このフォーマットが最も適しています。

Facebookのエンコーダによって動画のサイズが変更されることがないよう、画面の長辺が1280ピクセルを超えないようにします。長辺が1280ピクセル未満の場合、動画サイズが16ピクセルの倍数になるようにすると、圧縮が最適化されます。

動画のフレームレートは30fps未満にします。

ステレオ音声のサンプルレートは44,100hzに設定します。

なるほど、720pで30fpsが限界なわけですね。

それ以上のスペックの動画だとFacebookのエンコーダーに劣化されてしまうと。

つまり、720p・30fpsの動画に変更してアップすればFacebook上での最高画質が実現できることになります。

これならMacやiPhoneで簡単に変換できますね!

 

 

Facebookアップロードに最適な動画の作り方(Mac)

QuickTime Playerで動画を開きます。

メニューバーから

ファイル>書き出す>iPad、iPhone、iPod touch、およびApple TV...

を選びます。

 

すると以下のようなダイアログが表示されます。

f:id:frnk:20131213165942p:plain真ん中の「iPad、iPhone 4、およびApple TV」を選んでください。

書き出しが終わると、720p・30fpsの動画ができあがります。

 

 

Facebookアップロードに最適な動画の作り方(iPhone)

iMovie

iMovie

  • Apple
  • 写真/ビデオ
  • ¥500

iMovie(無料アプリ)でビデオ一覧から動画を選んで「ムービーを作成」します。

f:id:frnk:20131213183929p:plain

 

 

プロジェクトを作ったら、共有ボタンから「ビデオを保存」を選んで書き出しサイズ「HD - 720p」を選びます。

f:id:frnk:20131213184033p:plain

以上で720p・30fpsの動画がカメラロールに保存されます。

 

一手間かかりますが、MacでもiPhoneでも簡単にFacebookに最適な動画が作成できます。せっかく撮った動画ですし、できるだけ高画質でFacebookにアップしましょう!  

Facebookで集客・売上をアップする方法

Facebookで集客・売上をアップする方法

 

 

facebook(フェイスブック)が2時間でマスターできる本 (PHP文庫)

facebook(フェイスブック)が2時間でマスターできる本 (PHP文庫)

 

 

ネット時代の動画活用講座

ネット時代の動画活用講座