読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iWork '09(パッケージ版)を最新版のiWorkに無料アップデートする方法

iWork '09(パッケージ版)を、昨日リリースされたばかりの最新版のiWorkにアップデートしようとMac App Storeを開いても「アップデート」の項目にKeynote・Pages・Numbersが出てきません。

「今回は無料アップデート無しか…」と思い、Keynoteだけは欲しかったので2000円で買ってしまっていたのですが、Twitterで無料アップデートする方法が流れてきました。なんという間が悪い。

 

というわけでアップデート方法のご紹介。

「システム環境設定」の「言語と地域」を開いて、優先する言語の「English」を一番上にドラッグして最優先にします。

f:id:frnk:20131024143032j:plain

 

その後、このウインドウを閉じようとすると、「最優先の言語を変更しました。コンピュータを今すぐ再起動しますか?」と出るので「再起動」を選択。

 

すると、Macが英語モードで再起動します。(すべての表記が英語になるのでご注意ください)

英語モードで起動したら、Mac App Storeを開いて「Updates」タブを見るとKeynote 6.0、Pages 5.0、Numbers 3.0のアップデートが来ているはずです。

 

アップデートをおこなったら、先ほどと同様の手順で「System Preferences」の「Language & Region」で「日本語」を最優先にしてMacを再起動しましょう。

ちなみに、今回のアップデートではiWork '09は上書きされずに新iWorkは別アプリとしてインストールされます。

 

もし買ってしまったら…

僕はこの方法を知る前に最新版Keynoteを買ってしまっていました。あちゃー。

しかし、どう考えてもこれは日本語でMac App Storeを利用した際の不具合と思われるのでAppleのサポートに問い合わせてみました。

すると、言語設定を英語にしないとアップデートが表示されないという現象は把握しているようで、今回購入してしまったKeynoteに関しては返金してもらえることになりました。

もし買ってしまっている人がいたら、Appleのサポートに連絡してみるとよいでしょう。

 

iWork '09 ◆日本語対応版◆ (簡易パック)

iWork '09 ◆日本語対応版◆ (簡易パック)