読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラム未経験の僕が初めて作ったiPhoneアプリが2月16日に発売されます!というわけで使用した参考資料等のまとめ。

Cocoaの本を読み始めてから2ヶ月、iPhone SDKをいじり始めてから1ヶ月半。

ついに僕が作ったiPhone / iPod touchアプリ「SingingCat」が2009年2月16日からAppStoreで発売されます。(日本での価格は115円。)


(追記 2/16 4:30)
発売されました! → SingingCat


今後、僕のように未経験から何か作る方の参考になればと、以下にアプリ制作につかった資料をあげておきます。

参考させていただいたサイト・お世話になったサイト

あまりまとまっていないですが、
僕のはてブのiPhone&プログラミング タグ
に全てあります。

また、Twitterのiphone_dev_jpの皆さんにもお世話になりました。


他サイトで出ている情報と重複が多いと思いますが、誰かの参考になれば幸いです。


ちなみにiPhoneアプリ制作はObjective-Cを使いますが、僕は、未だに「オブジェクト指向って何?」な状態だったりします(苦笑)。
それでもアプリは制作できてAppleの審査も無事通過できる、ということで、あまり分からない状態でも何か作り始めてしまうのが一番だと思いました。(もちろん、異論反論はあると思いますが)

というわけで、最後に僕のアプリの紹介。

SingingCatは猫が歌う新感覚の楽器アプリです。

肉球をタッチして猫に歌ってもらいましょう。

それぞれの肉球(ボタン)は鍵盤のキーになっています。

曲の再生中にアプリを立ち上げれば、曲にあわせて歌うことも出来ます。

あなたの大好きな歌を、かわいい猫に歌わせてみてください。

                                              • -

関連エントリー
SingingCatをリリースして思ったこと → みんなiPhoneアプリを作ればいい。
iPhone / iPod touchアプリを約21%OFFで買う方法