読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS 8用ネタキーボードを作るうえでの注意点

先日、ネタキーボードアプリ「Fighting Keyboard」をリリースしました。


iOS 8専用ネタキーボードアプリ「Fighting Keyboard」をリリースしました。 - らっこのじゆうちょう


開発にあたってネタキーボードならではの問題があったので、ご紹介します。

数字入力機能(小数入力付き)が必須

「Fighting Keyboard」は10/27にsubmitしたので、11月上旬にはリリースできる予定でした。
しかし「必要最小限の文字入力ができない」「数字入力と小数入力ができない」という理由でリジェクトされました。ご丁寧に「LP LP → HK LK ←↙︎.....」みたいな入力をした純正メモアプリのスクリーンショット付きで(苦笑)。
App Storeで公開されている他のカスタムキーボードを見てみると、とってつけたように小数点付きの数字入力機能があるものが多いので、どんなネタキーボードであっても数字入力機能(小数入力付き)は必須のようです。
Appleの審査担当者にネタにマジレスされてモチベーションが一気に下がり、「Fighting Keyboard」の開発は一時休止したのですが、最終的には数字入力付きQWERTYキーボードを追加し11/26に再提出、12/5に無事審査通過しました。

サウンドやムービーの再生にはフルアクセスが必要

「Fighting Keyboard」ではパンチ・キックボタンを押すとそれぞれのボタンに応じた打撃音が再生されます。
また、隠し要素の特殊効果としてムービーも再生します。
それぞれAudioToolbox、AVFoundationで再生させているのですが、どちらもカスタムキーボードへのフルアクセスが必要です。
フルアクセスがオフの場合は音声・ムービーは単に再生されず、デバッガにも何も表示されません。
f:id:frnk:20141207185254p:plain
カスタムキーボードのフルアクセスをオンにする際には上記のようなアラートが出て、あたかもインターネットに入力内容を送信するように思わせてしまいますが、サウンド再生は多くのネタキーボードにとって肝となる大事な機能だと思うので、ユーザーさんに説明してオンにしてもらう必要があります。
(ネタ入力だけなら入力内容に個人情報など存在しないのですが、数字入力機能があるとそうもいかないので「フルアクセスはサウンド再生やムービー再生にしか使用しない」という旨をしっかり説明する必要があるでしょう)


以上、今後ネタキーボードを作る方のご参考になれば幸いです。

Fighting Keyboard

Fighting Keyboard

  • rakko entertainment
  • ユーティリティ
  • ¥100